悩み解決 無料パソコン教室_独学で習う

パソコンソフト_TOPパソコンソフトの基礎知識

パソコンソフトの基礎知識

パソコンはハードウエアとソフトウエアで成り立っています。
そして、ソフトウエアはウインドウズやマック、リナックスなどのOS(オーエス・・オペレーティングシステム)とOSの支配下で作動するアプリケーションソフトに分かれます。
大雑把に言うと、日本という土地(OS)の上にビルや戸建て住宅、その他の建物(アプリケーションソフト)が立っているイメージです。

OS
(ここではウインドウズについて説明します)
マイクロソフト社が開発したウインドウズは世界中のパソコンでで最も使われているOSです。
現在の(2018現在)最新版はWindows10です。
OSの機能はマウスやキーボードなどの入力装置の制御、ディスプレイの画面描画、アプリケーションソフトの起動や終了、ファイルやフォルダの管理などパソコンの基幹部分の制御を担っています。
ウインドウズは一般的にパソコンを購入するとすでに導入されていて、パソコンの初期設定をすれば使えます。

アプリケーションソフト

ウインドウズパソコンを購入すると、OSとともに、いくつかのアプリケーションソフトが付属されています。
また、パソコンを購入するときにオプションで選択できるものもあります。
代表的なソフトは、オフィスソフト、セキュリティーソフト、年賀状ソフトなどです。
それ以外に必要なソフトは、パッケージ版やダウンロード版を購入するか、フリーソフトを探してダウンロードします。

アプリケーションソフトをインストールするときには、自分のパソコンのOSに対応しているかどうかを確認する必要があります。

ソフトウエアの購入と使用方法
パッケージ版はパソコンショップ、家電量販店、ネットショップなどで購入できます。
パッケージの中にDVD-ROMが入っていて、DVDをパソコンにセットし、インストールして使います。

ダウンロード版はネットショップやソフトの開発会社のウェブサイトからダウンロードし、インストールすることによって使うことができます。

フリーソフトについて
フリーソフトは開発会社のウェブサイトや、ベクター、窓の杜などのフリーソフトをジャンルごとにまとめて提供しているサイトからダウンロードして使います。
定番のフリーソフトや、高機能なフリーソフトが数多くあります。
フリーソフトを使いこなせばパソコンライフが広がりますが、必ず信頼されているダウンロード先からダウンロードするようにしましょう。
不安な場合は、ソフトの名称などでネットで検索し、使用方法や評価などの情報を確かめます。
”あぶない”と思ったらダウンロードしないよう、必ず自己責任で使用してください。

ソフトウエアの使用制限
パッケージ版やダウンロード版の有料ソフトは、固有の管理番号(マイクロソフトでは”プロダクトID”と呼ぶ)で管理されていて、ほとんどの場合、ライセンス契約をしないと使用できないようになっています。

パソコンにあらかじめ付属しているアプリケーションソフトやフリーソフトには、使用期限が短かったり、機能が制限されているものもあります。

オフィスソフトの種類と選び方

一口にマイクロソフトのオフィスソフトといっても、いろいろなタイプがあり、
また、マイクロソフトオフィス互換ソフトもあります。
ここでは、これらのソフトの特徴と選び方を説明します。


セキュリティーソフトについて

セキュリティーソフトも、各社からいろいろなものが出回っています。
それぞれの商品の特徴を紹介します。


年賀状ソフト

年賀状シーズンになると、住所管理に欠かせない年賀状ソフトの最新版が出回ります。
年賀状の住所録管理に欠かせない年賀状ソフトと年賀状作成のポイントを紹介します。


その他の便利なソフト、使えるソフト紹介

パソコンはソフトを使うことによっていろいろなことができます。
自分に合ったパソコンライフを充実させるソフトを見つけて挑戦してみてはいかが。



スポンサードリンク

悩み解決パソコン購入 MENU


パソコンのトラブルとサポート

↑ PAGE TOP