無線ルーターと無線LANについて学ぶ

ルーターと無線LANの基礎知識

インターネットを利用するには、モデムという機械でインターネット回線とパソコンとの間でデータの変換を行う必要がある。

モデムよりインターネット側を「WAN」といい、パソコン側を「LAN」という。



そして、モデムとパソコンの間に設置して、同時に複数のパソコンでインターネット回線を利用するための機械がルーター。



ルーターからパソコンへの配線をなくしてデータの受け渡しを行うのが無線ルーターで、

無線でLAN(ローカルエリアネットワーク)を構築する仕組みを無線LANという。

無線LANでインターネットを利用するために必要な機器

一昔前は、無線LANの設定は、なかなか接続できなくて苦労したことが多かったが、

現在は昔と比べて接続設定がとても簡単になりました。



はじめに有線でインターネットに接続できることを確認してからパソコンのLANケーブルを外し、

無線ルーターに付属のCD−ROMをパソコンにセットしてソフトをインストールし、

指示に従って操作するだけです。



操作はとても簡単で、指示に従って無線ルーターのボタンを数回(2回程度)押すだけです。



お奨めの無線ルーターはNECの「Atermシリーズ」です。

Atermシリーズは「らくらく無線スタートEX 」というソフトが付属していて、

初心者でも簡単に無線LANの設定ができます。









無線LANとルーターをわかりやすく解説関連ページ

周辺機器とパーツを選ぶときに注目すること
パソコンを使う上で欠かせない周辺機器の上手な選び方、買い方を初心者にわかりやすく紹介。また、自作パソコンやパソコンの修理に必要なパーツの選び方も併せて紹介。
デジタルフォトフレームのいろいろな使い道
デジタルフォトフレームは自分の撮った写真を見るだけでなく、お店の宣伝用のディスプレイや医院などの窓口案内など多様な使い方があります。
パソコン用ディスプレイを選ぶには基本的な特徴を理解する
パソコンのディスプレイを選ぶ基準は、大きさや形、価格だけではありません。ディスプレイのカタログに書いてあるスペックを理解するための基本的な知識を紹介。
CPU(中央演算処理装置)の基礎知識
CPUとは中央演算処理装置のことで、パソコンの頭脳にあたる重要なパーツです。CPUは後で交換することが困難なので、最初に最適なものを選んでおきましょう。
メモリの増設や交換時の基礎知識
メモリは比較的簡単に増設や交換ができます。メモリを増設すると作業効率が上がり、パソコンでの処理がスピードアップします。
ハードディスクとSSDの基礎知識
ハードディスクは、パソコンの中にソフトやデータファイルを保存しておくための装置です。パソコンの購入時や日常の使用でハードディスクの基礎を理解しておくと役に立ちます。
複雑な光学ドライブの互換性に関する知識
オプティカルドライブは、レーザー光によって読み書きをする、CDやDVD、ブルーレイディスクなどの光ディスクを動かす装置です。 対応するディスクとの互換性の関係が複雑で、種類も多いので、基本になる知識が必要。
グラフィックカードを選ぶときの注目点
ビデオチップ(グラフィックカード)は、画面表示の処理能力を管理する部品(ユニット)です。高性能のビデオチップを搭載したパソコンは、CPU(プロセッサー)やメモリの負担が軽減され、パソコンの画面の反応が格段に良くなります。
デジタルTVチューナーボードの選択
デジタルTVチューナーボードはパソコンで地デジテレビ放送を見るためのチューナーボードです。1台でBSやCSも見られるものもあります。TV放送を見るにはアンテナに接続する必要があります。
メディアカードとカードリーダーの基礎
メディアカードスロット(カードリーダー)はデジタルカメラなどのデータを記録しておくSDカードなどのデータを読み込む装置。
使いやすいキーボードを選ぶために
キーボードはパソコンで文字入力やデータ入力をするときに必ず使うものです。手に合った使いやすいものを選ぶためのポイントをお話しします。
マウスの種類と選び方
マウスはパソコンを操作するときによく使うものです。手に合った使いやすいものを選ぶことが大切です。