互換性が複雑な光学ドライブを選ぶときの注意点

オプティカルドライブ(光学ドライブ)の基礎知識

オプティカルドライブは、レーザー光によって読み書きをする、

CDやDVD、ブルーレイディスクなどの光ディスクを動かす装置です。

対応するディスクとの互換性の関係が複雑で、種類も多いので、

それぞれの特徴を理解して、使用目的に合った光学ドライブを選択する。。

光学ドライブと光ディスクのおもなな種類

CD(コンパクトディスク)とDVDは主に「R」と「RW」に分かれます。



CD−R、DVD−Rは一度だけ書き込みでき、

CD−RW、DVD−RWはフォーマットすることによって、

書き込んだデータがすべて消去され、新たに書き変えができ、

これを繰り返すことができます。



BD(Blu-ray Disc)はTV番組などを長時間保存したり、

高画質で長時間の映画のメディアとして普及してきました。



■ 光ディスクのおもな種類と用途

名称 記録容量 読み込み、書き込み、書き換え 主な用途
CD−ROM  700MB前後 あらかじめデータが記録されていて、書き込み、書き換えはできない。 市販の音楽CDやアプリケーションソフト、ゲームソフトなど。
CD−R   ↑ 何も記録されていない状態で販売されていて、一度だけ書き込みができる。データは追記できるが、記録してあるデータの変更はできない。
音楽CDは一度作成したら、曲の追加はできない。
データの保存、音楽CDの作成など。
CD−RW   ↑ CD−Rとの違いは、すべて消去して何度でも書き込みができること。
ただし、書き込み回数の寿命はある。
データの保存用だが、データの変更ができるUSBメモリの普及によって需要がなくなってきた。
DVD−ROM 4.7GB
(2層は2倍)
CD−ROMと同じだが、容量が大きい。 市販の映画ソフトやプログラム、アプリケーションソフト、ゲームソフトなど。
DVD−R   ↑ 何も記録されていない状態で販売されていて、一度だけ書き込みができる。データは追記できるが、記録してあるデータの変更はできない。
DVD−Rを2層にしたDVD−RDLもある。
DVDビデオの作成、TV番組の録画、データの保存など。
DVD−RW   ↑ DVD−Rとの違いは、すべて消去して何度でも書き込みができること。
ただし、書き込み回数の寿命はある。
USBメモリが大容量化して、DVD−RWの役割はほとんどなくなった。
 DVD+R

  ↑

DVD−Rと性質は同じだがデジタル放送を録画するには向かない。DVD−Rが一般的になって安価なのでDVD+Rのほうはあまり普及していない。
DVD+Rを2層にしたDVD十RDLと何度でも書き込みができるDVD+RWもある。
画像や動画、データの保存や、DVDビデオの作成など。
DVD−RAM 4.7GB
(両面は9.4GB)
 USBメモリと同じようにランダムアクセスが可能で書き換えができる。

カートリッジごと入れるドライブと、カートリッジから出して入れるドライブがある。
対応する家庭用の再生装置が少ないので、DVD−VIDEOの用途としては普及していない。

データの持ち運び。
BD−ROM あらかじめデータが記録されていて、書き込み、書き換えはできない。 長時間の高画質な映画メディア。
BD−R 25GB
(2層は2倍)
何も記録されていない状態で販売されていて、一度だけ書き込みができる。 TV番組や動画データの保存、自作の動画ビデオなど。
BD−RE   ↑ BD−Rとの違いは、すべて消去して何度でも書き込みができること。
ただし、書き込み回数の寿命はある。
項目4


 


■ 光学ドライブの種類と対応する光ディスク

アウトレット

オプティカルドライブ(光学ドライブ)の選び方関連ページ

周辺機器とパーツを選ぶときに注目すること
パソコンを使う上で欠かせない周辺機器の上手な選び方、買い方を初心者にわかりやすく紹介。また、自作パソコンやパソコンの修理に必要なパーツの選び方も併せて紹介。
デジタルフォトフレームのいろいろな使い道
デジタルフォトフレームは自分の撮った写真を見るだけでなく、お店の宣伝用のディスプレイや医院などの窓口案内など多様な使い方があります。
パソコン用ディスプレイを選ぶには基本的な特徴を理解する
パソコンのディスプレイを選ぶ基準は、大きさや形、価格だけではありません。ディスプレイのカタログに書いてあるスペックを理解するための基本的な知識を紹介。
CPU(中央演算処理装置)の基礎知識
CPUとは中央演算処理装置のことで、パソコンの頭脳にあたる重要なパーツです。CPUは後で交換することが困難なので、最初に最適なものを選んでおきましょう。
メモリの増設や交換時の基礎知識
メモリは比較的簡単に増設や交換ができます。メモリを増設すると作業効率が上がり、パソコンでの処理がスピードアップします。
ハードディスクとSSDの基礎知識
ハードディスクは、パソコンの中にソフトやデータファイルを保存しておくための装置です。パソコンの購入時や日常の使用でハードディスクの基礎を理解しておくと役に立ちます。
グラフィックカードを選ぶときの注目点
ビデオチップ(グラフィックカード)は、画面表示の処理能力を管理する部品(ユニット)です。高性能のビデオチップを搭載したパソコンは、CPU(プロセッサー)やメモリの負担が軽減され、パソコンの画面の反応が格段に良くなります。
デジタルTVチューナーボードの選択
デジタルTVチューナーボードはパソコンで地デジテレビ放送を見るためのチューナーボードです。1台でBSやCSも見られるものもあります。TV放送を見るにはアンテナに接続する必要があります。
メディアカードとカードリーダーの基礎
メディアカードスロット(カードリーダー)はデジタルカメラなどのデータを記録しておくSDカードなどのデータを読み込む装置。
無線LANとルーターの基礎知識
複数のパソコンでインターネットを利用したり、無線でルーターから離れた場所にあるパソコンでインターネットを利用する場合に必要な無線LANとルーターについてわかりやすく解説。
使いやすいキーボードを選ぶために
キーボードはパソコンで文字入力やデータ入力をするときに必ず使うものです。手に合った使いやすいものを選ぶためのポイントをお話しします。
マウスの種類と選び方
マウスはパソコンを操作するときによく使うものです。手に合った使いやすいものを選ぶことが大切です。