手に合ったキーボードを選ぶときの注目点をわかりやすく紹介。キーボードの基礎知識を理解して正しく選択。

自分に合ったキーボードを選ぶために

キーボードとは、キーをたたいてコンピュータに命令を与える入力装置です。

文字や数値の入力のほかに、マウスの代わりの操作を行うこともできます。



キーボードで注目する点は、パソコンに接続する方式やキーの配列、キーを押したときの使いやすさです。



使いやすいキーボードは疲れにくく、作業が快適に行えるので、

パソコンに付属のキーボードを見直し、自分に合ったキーボードを見つけてみてください。

キーの配列によるキーボードのおもな種類

キーの配列によるキーボードのおもな種類は次のとおりです。



101キーボード

おもにアメリカで使われているキーボードです。

101キーボードに、Windowsキーが左右に1つずつと

アプリケーション(メニュー)キーが1つ追加されたキーボードが104キーボードです。



102キーボード

おもにヨーロッパで使われ手いるキーボードです。

102キーボードに、Windowsキーが左右に1つずつと

アプリケーション(メニュー)キーが1つ追加されたキーボードが105キーボードです。



106日本語キーボード

102キーボードに、日本語用の「カタカナ ひらがな」、「半角/全角」、

「変換」、「無変換」が追加されているキーボードです。

昔のタイプは「0(ゼロ)」のキーに「〜」が表示されていて、

実際の「〜」を入力するには「Shift」キーを押しながら「へ」のキーで行うため、

実際の表示と違っていてややこしかったが、

現在では「へ」のキーに「〜」が表示されている。



109日本語キーボード

現在日本のパソコンで使われている主流のキーボードです。

106キーボードに、Windowsキーが左右に1つずつと

アプリケーション(メニュー)キーが1つ追加されたキーボードです。



112キーボード

109キーボードに、パソコンの電源などを操作する

「Power」、「 Sleep」、「 Wake」の3つのキーを追加したキーボードです。



親指シフトキーボード

かな入力を効率よく行うために富士通が開発した入力配列です。

親指を利用して同時に入力するキーと単独で入力するキーを分けることによって、

効率よくかな入力を行うための文字の配列がされているキーボードです。



親指とほかの指を同時に押すという操作に慣れる必要があります。

また、ウインドウズのバージョンアップに伴って、

親指シフトキーボードに対応するドライバが少なくなってきています。



エルゴノミクスキーボード

エルゴノミクス (人間工学) に基づいてキーが配列されたキーボードです。



エルゴノミクスキー配列は、キーが直線に並んでいなくて、

各指が届きやすい位置に配列されたキーボードです。

キーボードを長時間使用しても疲れにくいとされています。

キーボードの構造上の種類

キーボードの構造上の種類は次のとおりです。



メンブレン型

おもなメンブレン方式のキーの構造は、キーの下に反発するドーム型のラバーがあり、

上からキーをたたくとドームが押しつぶされてスイッチが入り、信号が伝わります。

キーの厚みを薄くすることが難しく、音も大きいのが多く見られます。

キータイピングの感触もあまり良くない反面、

安価に製造でき、安いものは500円以下で購入できます。



メンブレン

メンブレン型キーボードのキー。奥に見えるのがラバースイッチ。



パンタグラフ型

大きく分ければメンブレン方式ですが、キーをたたいた時に沈み込む構造が、

横から見たときに「X」状のパンタグラフのような形になっていて、

反発する力はラバーを使っています。

キーを薄くすることができ、ノートパソコンにも利用されています。

音も静かで、キータッチの感触も軽やかです。

価格はメンブレン型よりも高くなります。



メカニカルスイッチ型

キーを押したときに通電して信号が伝わり、バネの力で反発する構造のキーボードです。

キーを打つと「カチッ」と軽快な音がします。

長時間使っていても疲れにくいとされていますが、構造が複雑なので高価になります。

メカニカルスイッチ

メカニカルスイッチ型のキーボードのキー。


静電容量無接点型

負荷がかけられたときに蓄えられる電圧によってキーが押されたことを感知して、

信号を伝える方式のキーボードです。

キーの反発力はバネの力を利用するものが多く、価格は10,000円以上と高額になります。


キーボードのパソコンへの接続方法

キーボードとパソコン本体との接続方式は大きく分けて無線タイプと有線タイプに分かれます。



また、キーボードとパソコン本体をつなぐインターフェイスは、

「PS/2」と「USB」の接続方式があります。

USBポートはどのコンピュータにもついているので問題ないのですが、

PS/2接続のキーボードはパソコン本体側にPS/2接続ポートがあるかどうかを確認する必要があります。

※ PS2接続

PS/2 キーボード側 PS/2 パソコン本体側

ps2

 

ps2パソコン側

 
キーボード側のPS/2コネクタ。 パソコン側のPS/2インターフェイス。
上がマウス用で下がキーボード用。

※ USB接続

USB キーボード側 USB パソコン本体側

usbキーボード側

usbパソコン側

 
キーボード側のUSBコネクタ。  パソコン側のUSBインターフェイス。

無線(ワイヤレス)キーボードは、本体からキーボードにつながっている線をなくして、

赤外線通信などで本体と情報を伝達して作動するキーボードです。

電池で作動するため、予備の電池を用意しておきましょう。

使いやすいキーボードの選択

キーボードはパソコンで文字やデータを入力するときに必ず使うものです。

キーを押したときの感触、キーストロークの深さなど、手に合った使いやすいものを選ぶことが大切です。



※ 一度使ったらその良さに気づくキーボード。

justy


これは、私が長年愛用してきた JUSTY社製のパンタグラフ型キーボード。

JUSTY社のUSBキーボードがほしかったのですが、

残念ながら、JUSTY社は倒産してしまい、手に入らなくなってしまいました。



近年、メンブレン型の低価格キーボードが氾濫していて、

キーボードの高級品は自分に合ったものを探すのが大変になってきました。

 


エレコム クリスタルパンタグラフフルキーボード  TK-FCP011WH  ホワイト







キー配列は日本語108キー。

キータイプはパンタグラフ方式

キーピッチ(キーの中心から隣のキーの中心までの距離)は19mm。

キーストローク(キーを押したときの沈む深さ)は2.5mm と浅め。

 

 


エレコム メカニカルキーボード/108キー/ゲーミングキーボード/Lサイズ/ブラック







ローマ字入力用・・かな文字がないのでローマ字入力の妨げにならない。

キー配列は日本語108キー。

キーピッチ(キーの中心から隣のキーの中心までの距離)は19mm。

キーストローク(キーを押したときの沈む深さ)は4.0mm とやや深め。

キーボードの基礎知識関連ページ

周辺機器とパーツを選ぶときに注目すること
パソコンを使う上で欠かせない周辺機器の上手な選び方、買い方を初心者にわかりやすく紹介。また、自作パソコンやパソコンの修理に必要なパーツの選び方も併せて紹介。
デジタルフォトフレームのいろいろな使い道
デジタルフォトフレームは自分の撮った写真を見るだけでなく、お店の宣伝用のディスプレイや医院などの窓口案内など多様な使い方があります。
パソコン用ディスプレイを選ぶには基本的な特徴を理解する
パソコンのディスプレイを選ぶ基準は、大きさや形、価格だけではありません。ディスプレイのカタログに書いてあるスペックを理解するための基本的な知識を紹介。
CPU(中央演算処理装置)の基礎知識
CPUとは中央演算処理装置のことで、パソコンの頭脳にあたる重要なパーツです。CPUは後で交換することが困難なので、最初に最適なものを選んでおきましょう。
メモリの増設や交換時の基礎知識
メモリは比較的簡単に増設や交換ができます。メモリを増設すると作業効率が上がり、パソコンでの処理がスピードアップします。
ハードディスクとSSDの基礎知識
ハードディスクは、パソコンの中にソフトやデータファイルを保存しておくための装置です。パソコンの購入時や日常の使用でハードディスクの基礎を理解しておくと役に立ちます。
複雑な光学ドライブの互換性に関する知識
オプティカルドライブは、レーザー光によって読み書きをする、CDやDVD、ブルーレイディスクなどの光ディスクを動かす装置です。 対応するディスクとの互換性の関係が複雑で、種類も多いので、基本になる知識が必要。
グラフィックカードを選ぶときの注目点
ビデオチップ(グラフィックカード)は、画面表示の処理能力を管理する部品(ユニット)です。高性能のビデオチップを搭載したパソコンは、CPU(プロセッサー)やメモリの負担が軽減され、パソコンの画面の反応が格段に良くなります。
デジタルTVチューナーボードの選択
デジタルTVチューナーボードはパソコンで地デジテレビ放送を見るためのチューナーボードです。1台でBSやCSも見られるものもあります。TV放送を見るにはアンテナに接続する必要があります。
メディアカードとカードリーダーの基礎
メディアカードスロット(カードリーダー)はデジタルカメラなどのデータを記録しておくSDカードなどのデータを読み込む装置。
無線LANとルーターの基礎知識
複数のパソコンでインターネットを利用したり、無線でルーターから離れた場所にあるパソコンでインターネットを利用する場合に必要な無線LANとルーターについてわかりやすく解説。
マウスの種類と選び方
マウスはパソコンを操作するときによく使うものです。手に合った使いやすいものを選ぶことが大切です。