ハードディスクやSSDを選ぶときの基礎をわかりやすく説明。

ハードディスクとSSDの基礎知識

ハードディスクは、パソコンの中にソフトやデータファイルを保存しておくための装置です。

パソコンの購入時や日常の使用でハードディスクの基礎を理解しておくと役に立ちます。



また、SSDは起動と作動をスピードアップするために、

ハードディスクの機能をメモリタイプに変えたパーツです。

ハードディスクの構造と機能

ハードディスクの構造はレコードプレイヤーと似ており、

密閉された筐体の内部に、記憶媒体である円盤状の磁気ディスク(フラッタ)が高速で回転していて、

アームの先に取り付けられた磁気ヘッドが非接触でアクセスして、読み出しと記録を行う装置です。



フロッピー(柔らかい)ディスクに対して、ハード(固い)ディスクと呼ばれています。



ハードディスクは、その構造上、パソコンの部品では壊れやすい性質がある。

機械的な摩耗や、特に衝撃に対しては致命的な損傷を受けることがあります。



したがって、パソコンのハードディスクに保存してある大事なデータは、

外付けのほかの媒体に必ずバックアップしておきましょう。

(ハードディスクを守るために、”行ってはいけないパソコンの動作”はこちらを参照)



ハードディスクはその容量が大きいほど、パソコンにたくさんのファイルが保存できます。

動画ファイルなどの容量が大きいファイルを多量に保存する人は、

大容量のハードディスクが必要になります。

現在のハードディスクの容量は、単位が G(ギガ)からT(テラ)になっています。

ハードディスクのインターフェイス

ハードディスク本体につなぐ形式は、

主に旧規格の「IDE(パラレルATA)」と、現在主流の「Serial ATA」です。



そして、外付けハードディスクはUSBでパソコン本体に接続するのが一般的です。



USB接続の規格は、現在ではハードディスクが大容量になってきたため、

高速でアクセスできる”USB-3”が普及してきました。

ハードディスクの大きさ

ハードディスクの大きさは2.5インチと3.5インチが主に使用されています。



2.5インチタイプはノートパソコンや省スペース型の一体型パソコンで使われ、

3.5インチタイプはデスクトップ型のパソコンや、ハードディスクレコーダーなどで使われています。



また、外付けハードディスクも3.5インチのハードディスクを使った大型のものと、

2.5インチのハードディスクを使った小型のもの(ポータブル型)があり、

用途もパソコンのバックアップやデータ保存用から、

ハードディスクレコーダー用としても使用されています。

SSD

SSDはハードディスクの代わりをするドライブとして、

USBメモリなどで普及しているフラッシュメモリを使った記憶装置です。



フラッシュメモリは高速で作動し、電源を切ってもデータが消えないため、

ハードディスクの代わりとして使えば、起動や作動が高速になり、

また、ハードディスクの欠点である機械的な故障の頻度がSSDでは軽減され、

重量も軽量化でき、音や発熱も少なく、さらに省電力で作動させることができます。



しかし、SSDはハードディスクに比べて高価で容量が少なく、

多量なデータを保存するためにはハードディスクと共存する必要があります。

ハードディスクとSSDの基礎を理解する関連ページ

周辺機器とパーツを選ぶときに注目すること
パソコンを使う上で欠かせない周辺機器の上手な選び方、買い方を初心者にわかりやすく紹介。また、自作パソコンやパソコンの修理に必要なパーツの選び方も併せて紹介。
デジタルフォトフレームのいろいろな使い道
デジタルフォトフレームは自分の撮った写真を見るだけでなく、お店の宣伝用のディスプレイや医院などの窓口案内など多様な使い方があります。
パソコン用ディスプレイを選ぶには基本的な特徴を理解する
パソコンのディスプレイを選ぶ基準は、大きさや形、価格だけではありません。ディスプレイのカタログに書いてあるスペックを理解するための基本的な知識を紹介。
CPU(中央演算処理装置)の基礎知識
CPUとは中央演算処理装置のことで、パソコンの頭脳にあたる重要なパーツです。CPUは後で交換することが困難なので、最初に最適なものを選んでおきましょう。
メモリの増設や交換時の基礎知識
メモリは比較的簡単に増設や交換ができます。メモリを増設すると作業効率が上がり、パソコンでの処理がスピードアップします。
複雑な光学ドライブの互換性に関する知識
オプティカルドライブは、レーザー光によって読み書きをする、CDやDVD、ブルーレイディスクなどの光ディスクを動かす装置です。 対応するディスクとの互換性の関係が複雑で、種類も多いので、基本になる知識が必要。
グラフィックカードを選ぶときの注目点
ビデオチップ(グラフィックカード)は、画面表示の処理能力を管理する部品(ユニット)です。高性能のビデオチップを搭載したパソコンは、CPU(プロセッサー)やメモリの負担が軽減され、パソコンの画面の反応が格段に良くなります。
デジタルTVチューナーボードの選択
デジタルTVチューナーボードはパソコンで地デジテレビ放送を見るためのチューナーボードです。1台でBSやCSも見られるものもあります。TV放送を見るにはアンテナに接続する必要があります。
メディアカードとカードリーダーの基礎
メディアカードスロット(カードリーダー)はデジタルカメラなどのデータを記録しておくSDカードなどのデータを読み込む装置。
無線LANとルーターの基礎知識
複数のパソコンでインターネットを利用したり、無線でルーターから離れた場所にあるパソコンでインターネットを利用する場合に必要な無線LANとルーターについてわかりやすく解説。
使いやすいキーボードを選ぶために
キーボードはパソコンで文字入力やデータ入力をするときに必ず使うものです。手に合った使いやすいものを選ぶためのポイントをお話しします。
マウスの種類と選び方
マウスはパソコンを操作するときによく使うものです。手に合った使いやすいものを選ぶことが大切です。