グラフィックカードを選ぶときの注意点をわかりやすく紹介。

グラフィックカード(ビデオチップ)の基礎

グラフィックカード(ボード)はビデオチップとも呼ばれ、

画面表示の処理能力を管理する部品(ユニット)です。



グラフィックカードの性能が悪いとCPU(プロセッサー)やメモリに負担がかかります。



画像処理に高負荷がかかると、パソコンの反応が格段に遅くなります。

動画再生時には動画がコマ送り状態になって見づらくなったり、

インターネットなどでのページの切り替えが遅かったりします。

グラフィックカードの選択

グラフィックカードはマザーボードに組み込まれているパソコンと、

パーツとして別に取り付けられているパソコンがあります。



BTOパソコンでは一般的に標準がオンボードタイプのグラフィックカードで、

オプションで、グラフィックカードで有名な「NVIDIA GeForce」などが選択できます。



下の表のような解像度の選択は、

オンボードタイプのパソコンでもほとんど問題ないのですが、

3Dゲームや動画編集などの、パソコンの画像処理に関係する処理をする場合は、

高性能なグラフィックカードを選択します。



グラフィックカードも技術があれば自分で増設できますが、

購入時にオプションで選択しておけば、

ドライバがリカバリーメディアにあらかじめ入っているので、

リカバリーするようになったときには便利です。

グラフィックカードの解像度

おもなグラフィックカードの解像度をまとめてみました。



■ グラフィックカードで設定できる解像度の例

  (1種類のグラフィックカードですべてが選択できるわけではありません)

名 称 解像度(ドット) サイズ
(アスペクト比)
デスクトップパソコンで推奨されるディスプレイ
VGA 640×480 スクエア型(4:3) パソコンが世に出始めたころの解像度。
SVGA 800×600 スクエア型(4:3) ウインドウズパソコンが普及し始めたころの解像度。
XGA 1024×768 スクエア型(4:3) 15インチのスクエア型ディスプレイで一般的な解像度。
SXGA 1280×1024 スクエア型(5:4) 17〜19インチのスクエア型ディスプレイで最適な解像度。
WXGA+ 1440×900 ワイド型(16:10) 20インチ以下のワイドディスプレイ用の解像度。
WSXGA+ 1680×1050 ワイド型(16:10) 20インチ以上のワイド型ディスプレイ用の解像度。
HDTV(1080p) 1920×1080 ワイド型(16:9) 23インチ〜25インチのフルハイビジョン対応の解像度。
WUXGA 1920×1200 ワイド型(16:10) 23インチ〜25インチの16:10の解像度。
 WQHD 2560x1440 ワイド型(16:9)  27インチ以上のディスプレイで表示したい解像度。
WQXGA 2560x1600 ワイド型(16:10) 大画面の高級ディスプレイで表示したい解像度。



※ 画面解像度参考ページ

グラフィックカード(ビデオチップ)の基礎知識関連ページ

周辺機器とパーツを選ぶときに注目すること
パソコンを使う上で欠かせない周辺機器の上手な選び方、買い方を初心者にわかりやすく紹介。また、自作パソコンやパソコンの修理に必要なパーツの選び方も併せて紹介。
デジタルフォトフレームのいろいろな使い道
デジタルフォトフレームは自分の撮った写真を見るだけでなく、お店の宣伝用のディスプレイや医院などの窓口案内など多様な使い方があります。
パソコン用ディスプレイを選ぶには基本的な特徴を理解する
パソコンのディスプレイを選ぶ基準は、大きさや形、価格だけではありません。ディスプレイのカタログに書いてあるスペックを理解するための基本的な知識を紹介。
CPU(中央演算処理装置)の基礎知識
CPUとは中央演算処理装置のことで、パソコンの頭脳にあたる重要なパーツです。CPUは後で交換することが困難なので、最初に最適なものを選んでおきましょう。
メモリの増設や交換時の基礎知識
メモリは比較的簡単に増設や交換ができます。メモリを増設すると作業効率が上がり、パソコンでの処理がスピードアップします。
ハードディスクとSSDの基礎知識
ハードディスクは、パソコンの中にソフトやデータファイルを保存しておくための装置です。パソコンの購入時や日常の使用でハードディスクの基礎を理解しておくと役に立ちます。
複雑な光学ドライブの互換性に関する知識
オプティカルドライブは、レーザー光によって読み書きをする、CDやDVD、ブルーレイディスクなどの光ディスクを動かす装置です。 対応するディスクとの互換性の関係が複雑で、種類も多いので、基本になる知識が必要。
デジタルTVチューナーボードの選択
デジタルTVチューナーボードはパソコンで地デジテレビ放送を見るためのチューナーボードです。1台でBSやCSも見られるものもあります。TV放送を見るにはアンテナに接続する必要があります。
メディアカードとカードリーダーの基礎
メディアカードスロット(カードリーダー)はデジタルカメラなどのデータを記録しておくSDカードなどのデータを読み込む装置。
無線LANとルーターの基礎知識
複数のパソコンでインターネットを利用したり、無線でルーターから離れた場所にあるパソコンでインターネットを利用する場合に必要な無線LANとルーターについてわかりやすく解説。
使いやすいキーボードを選ぶために
キーボードはパソコンで文字入力やデータ入力をするときに必ず使うものです。手に合った使いやすいものを選ぶためのポイントをお話しします。
マウスの種類と選び方
マウスはパソコンを操作するときによく使うものです。手に合った使いやすいものを選ぶことが大切です。