初心者がパソコンを購入するときの注目点

パソコンを購入するときに注意すること

初心者がパソコンを買う時に注目したいことをまとめました。

自分のほしいパソコンが納得の価格で購入できるように、

ショップの店員はなかなか教えてくれない、

パソコン購入の注意点を消費者目線で検証。

自分でリカバリーできない(リカバリーソフト省略)

最近のパソコンは、リカバリーCD(DVD)が付いていないものが主流になってしまいました。

通常はリカバリーメディア(DVD)などを自分で作成するための、

リカバリーメディア作成ツールというソフトが付いているのですが、

自分でリカバリーメディアを作成できないパソコンもあります。



ちなみに、リカバリーとは、パソコンを買った時の状態に戻すことです。



リカバリーDVDがないと、ハードディスクが壊れた場合、

自分でハードディスクを交換して修復することが困難です。



保証期限が切れたパソコンでハードディスクを交換するようになった場合、

メーカーに修理に出すと料金が高額で、データが保障されず、

修理期間が長いのが一般的です。



また、リカバリーメディア作成ツールが付いているパソコンでも、

買った最初に自分でCD−RやDVD−Rに作成しておくことと説明書にあります。



しかし、初心者の方にいきなりCD−RやDVD−Rに書き込むことを要求するのは、

無理がある場合があります。

すごく不親切に思います。

(まだ作っていない人はリカバリーCDやDVDを作成しておくことをお勧めします)



ハードディスクが壊れていなくて、パソコンが不調になった場合には、

別ドライブにリカバリーのデータがありますので、

説明書の手順通りに作業を行えば購入時の状態に復元することができます。



しかし、ハードディスクが機械的に壊れた場合は、

ハードディスクを交換してから元に戻すわけですから、

やはりリカバリーDVDは手元に置いておくべきです。



リカバリーDVDがあれば、パソコンのわかる人に頼んだり、

弊社のような安価で修理してくれるところを探せば、

修理費が格段に安く済みます。



メーカーは、リカバリーソフトが必要になった人に、

低価格でいつでも素早く供給してくれさえすればいいのですが・・。



補足 : リカバリーソフトを後で請求できるメーカーはたくさんありますが、

     一般的に5,000円以上はします。

     またネットオークションで探すと、

     中古ですが、対応機種のものが見つかる場合があります。

販売店は教えてくれない「パソコンの買い時」

パソコンのOS(基本ソフト)が変更されると言うことは、

車にたとえると、フルモデルチェンジに当たります。



車では、モデルチェンジが近づくと、現行モデルはかなり値引きされて販売されます。



しかし、パソコンは、車よりモデルチェンジのサイクルが早いにもかかわらず、

家電量販店の店頭では値引き幅が少ないように思います。



さらに、販売店の店員は、「もうすぐOSが変わります」

という情報を直前まで教えてはくれません。



情報を持たない消費者は、何も知らないまま、

もうすぐ旧型のモデルになるパソコンを高い価格で購入することになります。



また、オフィス(ワードやエクセル)も一緒にバージョンアップ版になる場合もあります。


そのようなときは、パソコンの購入は、待つことができる人は少し「待ち」なのではないでしょうか。



現在は、最新のOSが、「Windows8」ですが、

ワードやエクセルなどのオフィスソフトは”2010”のままです。

新しいオフィスソフトは平成13年になってから変わります。



OSが変わることが発表されると、

メーカーや販売店は、新製品を発売するまで顧客が買い控えるので、

それを防ぐためにアップグレードキャンペーンをします。



これは、新しいOSが出る前のパソコンを買っても、

無償または安価で新しいOSにアップグレードできるように、

後から新しいOSのみを送ってくれるキャンペーンです。

Windows8 の場合は、平成13年1月末までにWindows7モデルを買うと、

1200円でWindows8 のOSが手に入るようです。


しかしこの場合は一般的には、自分で新しいOSをインストールしなければなりません。



ここで注意する点は、OSが変わると旧型モデルに対して新しいOSでは合わないドライバ

(プリンタや周辺機器などを管理するソフト)や

アプリケーションソフトがあるかもしれないことです。



つまり、それらを使えるようにするために、

かなり面倒な作業を、自分でしなければならないかもしれない、ということです。



少しの期間待つことができるようなら、

新しいOSが搭載されたモデルが発売されるまで待つ方がいいかもしれません。



もっと待つことができる環境の方は、

発売されたばかりのモデルより、初期モデルの悪いところを改善した、

次のモデルチェンジを待ってから購入することをお勧めします。


パソコンは年に3〜4回モデルチェンジするのは当たり前になっているから、

そんなに長い期間待たなくてもよいと思います。

あなたのパソコンは隠れた欠陥商品かも?

私は教室でパソコンを教えているのですが、ノートパソコンを持込で習っている方が多数見えるます。

先日、受講生の方がノートパソコンを閉めようとしたとき、

ディスプレイと本体をつないでいるヒンジの部分が壊れてしまいました。



購入してまだ2年くらいしか使っていないとの事でした。



購入店に修理に出すように進めたのですが、

後日、その受講生に聞いたところ、購入店の修理の担当者が、

「この機種はディスプレイのヒンジ部分が弱く、同じようなトラブルで持ち込まれる方が多い」と言っていたそうです。



幸い、この受講生は延長補償に加入していたので、無償で直してくれたそうですが、

よく考えてみると、同じ故障が多数発生すると言うことは、この機種は欠陥商品ではないでしょうか。



明らかに設計ミスか、部品の強度試験をいい加減にしたかですよね。



もし、これが自動車だったら、リコールの対象になっていたかもしれません。



自分の使っているパソコンが壊れたら、

もしかしたら、同じ商品を使っている多くの人たちが、

同じ故障に悩まされているかもしれません。



そうだとしたら、それは欠陥商品に他ならないのです。



メーカーは、それが欠陥商品だとしても、

保障期間が過ぎれば、多額の修理費を請求してきます。



逆に考えれば、保障期間が過ぎた頃、

欠陥が現れる商品はメーカーにとっては修理でボロ儲けできてしまうのです。

矛盾していますよね。



次からは、その人は、そのメーカーの商品は買わないと思いますが、

他の知らない人は、また、そのメーカーの商品を購入するかもしれません。



また、次に他のメーカーの商品が、

同じように欠陥商品である可能性も、無きにしも非ずです。



ここで、メーカーに言いたいことは、

新製品を早く出すことばかりに専念せず、

しっかりしたものが出来るまで世の中に出さずに、

欠陥が見つかったら、機種ごとの欠陥をしっかり消費者に開示し、

切磋琢磨して欠陥の無い商品を開発してほしいものです。



実際は、メーカーの設計ミスで、それを消費者が修理費を払っている商品は、

パソコンに限らず多くあると思いますよ。

パソコンの過剰宣伝に「喝!」

あるパソコン販売店やメーカーのうたい文句に、

「このパソコンは始から70種類以上のソフトが入っています」

などといって宣伝しているところがあります。



しかし、そのパソコンに入っているソフトの中には、

インターネットプロバイダに加入するための宣伝ソフトなどが多数入っていて、

それもカウントしているのです。



プロバイダーに加入させるためのソフトやその他の宣伝用ソフトは、

買った人のコンピュータのハードディスクを勝手に容量を占有しているわけです。



削除したければ、自分でわずらわしい「アプリケーションの削除」を、

それも1つずつ削除していかなければなりません。



スポンサーをつけてコストダウンのためとはわかっていますが、

購入した人のハードディスクを宣伝のために勝手に使っているなら、

勝手にそのようなことをするより、しっかりと説明をした上でやってほしいものです。



そして、一発でこれらすべてを選択して削除するためのソフトを付属してほしいものです。

メモリをケチってコスト削減?

私のパソコン教室に、自分のノートパソコンを持ち込んで習っている受講生がたくさん見えます。



先日、買ったばかりのパソコンを持ち込んで、習いたいという受講生が見えたので、

そのノートパソコンを起動したら、立ち上がるまでがすごく遅いのです。

買ったばかりなのにですよ。



処理速度を上げるには、メモリを増設すると目に見えて効果が現れます。

しかし、これはノートの入門機に多いようですが、

メーカーが入門機の見掛けの値段を安くするために、

メモリをケチっている場合が多いです。



最近はメモリの価格が安くなってきたから、

最初から大容量のメモリを搭載した機種もありますが、

安価なモデルでも、そのOSが動く最低のメモリでは困ります。



さらに、メモリを自分で増設しようとすると、

通常ノートパソコンは、裏面のメモリの格納してあるフタのネジをはずして

追加のメモリを差し込むだけですが、

それすら、簡単には交換できないようなところに増設メモリスロットがあるものもあります。

その場合は高いお金を出してメーカーや販売店に頼むしかないですよね。

自分でメモリを増設するなら、購入する前にメモリスロットの位置を確認しておきましょう。

交換できないディスプレイ

デスクトップパソコンは、大きくてきれいなディスプレイが魅力で、

各社クリアな画面で画像やTVが見られるのは当たり前になってきました。



しかし、店頭で大きくて綺麗なディスプレイに見とれて、衝動買いをして後悔しないために

デスクトップパソコンとディスプレイについてお話します。



まず、考えておきたいことは、パソコンが壊れたときや買い替え時のことです。



デスクトップパソコンの場合、本体とディスプレイが一体化したモデルが、

大画面、省スペースということで再度人気が出てきました。



この場合、本体やディスプレイの高価な部品が壊れた場合、

修理費が高くなってしまうことが考えられます。



本体、ディスプレイのどちらかを、安い別のものに交換するというわけには行きません。

したがって、全部買い換えるか、修理するかの選択になります。



デスクトップタイプで、本体部分とディスプレイ部分が分離しているものは、

アナログディスプレイ端子やDVI−I(29ピン)端子でつながっているモデルなら

ディスプレイのみの交換や再利用が可能なはずです。



ただし、メーカーは純正品のみ対応しています、と言っているので、

他社製を利用するなら、できれば確認してから交換したほうが良いでしょう。



問題は、一昔主流だった、各社専用の端子を備えるモデルの場合です。

これは変換コネクタがなければ利用できません。(無いものがほとんどです)



事実、私のところに修理に持ち込まれる方にも、変換コネクタが無いばかりに、

高価なディスプレイを無駄にしているという方が多くいました。



メーカーは、変換コネクタを用意するか、相応な価格で下取りするか、

それなりの対応があってしかるべきだと思うのですが。

パソコンを購入するときの注目点まとめ関連ページ

初心者、素人のためのパソコンの賢い購入術
初心者、素人が後悔しない、納得のパソコンを購入する時に役立つ情報を発信!BTOパソコンやアウトレットパソコンの選び方を使う人の立場でアドバイス。
デスクトップパソコンかノートパソコンかで迷ったときは
パソコンを購入するときに、ノートパソコンにするかデスクトップパソコンにするか迷ったことはありませんか?デスクトップ型とノート型のそれぞれの長所と短所を見極めて自分の使用目的に合ったパソコンを選択しましょう。
パソコンの購入を種類別に考える
家電量販店で売っているNECや富士通など日本製のパソコンを選択するだけではなく、アウトレットパソコン、BTOパソコン、ショップブランドのパソコン、などを種類別に特徴を検証。
パソコンを利用目的によって選ぶ
パソコンは利用目的によって、どこにお金をかけるかが決まります。価格の安いパソコンを買って、使ってみたら思ったことができないといったことの無いようにしましょう。
パソコンを使う場面によって選ぶ
パソコンは家や職場で使ったり、移動して使ったりと、人によってさまざまな使い方があります。使う場面別にパソコンの選び方を検証してみました。
パソコンが故障した時のことを考えて選ぶ
パソコンを買う前に、パソコンが故障した時のことを考えておく必要があります。パソコンが故障した時に、できるだけ安く修理費を抑えるために、パソコン購入時に考えておくべき注意点をまとめました。