デスクトップパソコンにするかノートパソコンにするかの選択

ノートパソコンにするかデスクトップパソコンにするか迷ったら

パソコンを購入するときに、

ノートパソコンにするかデスクトップパソコンにするか迷ったことはありませんか?



デスクトップパソコンとノートパソコンの長所と短所を見極めて、

自分の使用目的に合ったパソコンを選択しましょう。



そこで、ノートパソコンかデスクトップパソコンか迷っている人のために、

それぞれの長所と短所をまとめてみました。



ノートパソコンとデスクトップパソコンは、その長所と短所がほとんど裏返しです。

ノートパソコンの特徴

こんな人はノートパソコンを選ぶ


 パソコンを置く場所がない



  「部屋が手狭でパソコンを置く場所がとれない」

  「いつも使っている机をパソコンに占領されたくない」

  ノートパソコンなら使わないときは、別の場所に片づけておくことができます。


 よく外に持ち歩いて使う



  ノートパソコンは外に持っていって使うことができます。

  ほとんどのノートパソコンはバッテリーを内蔵しているので、

  電源のないところでも使えます。


 家の中で部屋を移動して使う



  寒いときにはコタツで使う。家族と一緒にリビングで使う。といったように、

  家の中で移動して使うという時にはノートパソコンが重宝します。


 消費電力を少なく抑えたい



  ノートパソコンはバッテリーでの駆動時間を長くするために、

  消費電力を抑えることを重視した設計になっています。

  コンセントにつないで使用した時も、デスクトップに比べて電気の使用量は少なくて済みます。


ノートパソコンの長所


 外や家の中で自由に移動ができる。
 設置場所を取らない。
 省電力設計でバッテリーでも動く。
 配線が簡素。


ノートパソコンの短所


 一体化しているので、部品の交換にお金がかかる。



  たとえば、飲み物などをキーボードにこぼした時に、

  内部の部品まで影響を及ぼす場合が多い。

  デスクトップの場合はキーボードのみの交換で済む。



  また、メモリの増設やハードディスクの交換がしにくい機種もあるので、

  後でカスタマイズしたいのなら、

  あらかじめメモリやハードディスクの取り外しがしやすいかを調べておく必要があります。

  (ノートパソコンの裏側にあるネジを外して、

  蓋を開けるだけで交換できるタイプのものは交換しやすいが、

  キーボードを取り外さなければならないものもありますので、

  必要な人は購入前に確認してください・・

  ノートパソコンの裏側を見れば、それらしきネジと蓋があるので大体わかります)


 ディスプレイの大きさの選択範囲が限られる。



  ノートパソコンのディスプレイは18インチくらいが最高。

  横長のディスプレイが主流だから、同じサイズなら縦の高さは

  今までのタイプのディスプレイ(スクエア型)より小さくなっている。



  横長の画面は、たとえばエクセルで

  シートの横方向が一度にたくさん表示できるので便利な反面、

  インターネットでウェブページを見るには、

  縦方向のスクロールを今まで以上に行う必要がある。



  また、絶対的に画面が小さいので、文字の大きさも小さくなる。

  解像度を変更すれば文字を大きくすることはできるが、

  今度は表示できる範囲が狭くなってしまう。

  文字を大きく表示して、表示できる範囲も広くしたければ、

  大きなディスプレイと高解像度が表示できるパソコンが必要です。


 拡張性が低い。



  メモリの増設やハードディスクの交換くらいは簡単に行えるノートパソコンもありますが、

  ビデオボードを高機能なものに変えたり、光学ドライブを交換したりすることはなかなかできません。


ノートパソコンで気を付けたいトラブル


 電源アダプターのコード切断



  ノートパソコンにはコンセントに差し込んで本体に電気を送るための、電源アダプタが付いています。



  この電源アダプタの線を切断してしまうトラブルがあります。



  ノートパソコンを持ち歩いて使う人で、パソコンの電源アダプタをしまう時に、

  律儀に折り曲げてきれいに畳んでしまっている人は注意が必要です。



  使う時には伸ばして使い、しまう時に折り曲げているわけですから、

  同じ位置で線を折り曲げたり伸ばしたりしているのです。



  この結果、線の内部で断線してしまい、

  電源アダプタから本体に電源が供給されなくなってしまいます。



  ちょうど、針金を手で切断しようとするときに、

  同じ位置を折り曲げたり伸ばしたりすると同じ事が、

  電源アダプタのコードで行われてしまっているのです。



  起こりやすい位置は、アダプタ本体の両脇部分です。


 駆動中の移動



  ノートパソコンは移動が簡単にできますが、

  パソコンが動いているときに移動してはいけません。

  パソコン内には、データやプログラムなどを保存してある

  ハードディスクが内蔵されていて、

  このハードディスクが衝撃に弱い部品なのです。



  昔、音楽を聴いたレコードプレイヤーを思い浮かべてください。

  音楽を聴いているときはレコード盤が回転していて、

  レコード盤の溝を針がトレースして音楽が聞こえます。

  音楽を聴かないときは、レコード針のついたアームは外側に移動して固定されます。



  ハードディスクの場合も、磁気ディスクが回転し、磁気ヘッドがデータを読み書きします。

  ハードディスクの場合、駆動中はディスクとヘッドは限りなく接近した非接触です。

  電源を切った状態のときは磁気ヘッドは固定されていて、

  衝撃によってディスクには影響を与えないようになっています。

  駆動中に衝撃を与えて接触してしまうと、その部分に傷ができてエラーの原因になります。


 ぶつけたり落としたりしての故障



  ノートパソコンは移動できるので、移動中にぶつけたり落としたりする危険があります。

  大きな故障の原因になるので、移動は専用のバックに入れて行うようにしましょう。

デスクトップパソコンの特徴

デスクトップパソコンを選ぶ人


 置き場所に余裕があり困らない


 1か所で固定して使う



  パソコンを置く場所に十分なスペースがあり、パソコンを使う場所が限られるなら、

  デスクトップ型のパソコンがお奨め。


 大画面で画像を見たり作業をしたりする



  デスクトップパソコンは、大画面のディスプレイを選択して迫力ある画像が楽しめます。

  DVDやブルーレイディスクの映画を見たり、

  デジカメやデジタルビデオカメラで撮ったオリジナル画像や動画を、大画面で見ることができます。

  テレビチューナー付きのパソコンなら、

  テレビのアンテナ線につなげば、パソコンでテレビを見ることができます。


 部品の交換や増設をしたい



  タワー型のデスクトップパソコンでは、

  ハードディスクや光学ドライブなどを増設するためのスペースに空きがあるものがほとんどです。

  また、ビデオカードなどを増設するスロットも空いているので、

  後でパソコンの性能アップをしたい人は、デスクトップ型を選んでおきましょう。


デスクトップパソコンの長所


 同じ価格帯なら、ノートパソコンより性能が良いものを選ぶことができる。



  特に、BTOパソコンと呼ばれる、

  購入時に自分の好みの部品やソフトが選択できるタイプのパソコンは、

  限られた予算で無駄のないパソコンを購入することができるので人気があります。

  (BTOパソコンの詳しい解説はこちら


 大きなディスプレイを選択できる。



  デルやヒューレットパッカードなどの直販メーカーのパソコンは、

  本体とディスプレイを別々に購入できるものが多い。


 拡張性が高い



  メモリやハードディスクなど、内部の部品の交換や増設が行いやすい。

  拡張スロットが使用できるので、ビデオカードやTVチューナーボードなどを後から増設しやすい。


デスクトップパソコンの短所


 大きな設置場が必要。



  本体、ディスプレイ、キーボード、マウス、プリンタ、モデムやルーター、

  外付けハードディスクなどを置くためのスペースを確保したい。


 配線が複雑でまとめにくい。



  キーボード、マウス、プリンタなどはワイヤレス化が進んでいるので、

  買い替える時は無線で使用できるものを利用したい。


 廃棄処分の時にかさばる。



  値段が付くうちに中古で処分する方法もある。

一体型パソコンの特徴

一体型パソコンを選ぶ人


 場所があまりない



  設置場所はとりたくないが、ノートパソコンでは使いにくい。


 部屋の中で、多少移動して使いたい



  部屋の中でコタツなどへのパソコンの移動をしたい。


一体型パソコンの長所


 比較的場所を取らない



  本体とディスプレイが一体化しており、省スペースで使用できる。


 部屋の中での移動なら簡単にできる



  多少重量があるが、部屋の中でなら場所を変えて使うことができる。


一体型パソコンの短所


 拡張性がやや低い。



  コンパクトに設計されているので、ハードディスクを内部に増設するゆとりはない。


 ディスプレイが壊れた場合でも、全体を修理に出さなければならない。

デスクトップパソコンとノートパソコンの長所と短所関連ページ

初心者、素人のためのパソコンの賢い購入術
初心者、素人が後悔しない、納得のパソコンを購入する時に役立つ情報を発信!BTOパソコンやアウトレットパソコンの選び方を使う人の立場でアドバイス。
パソコンを購入するときの注目点
初心者がパソコンを買う時に注目したいことをまとめました。ショップの店員はなかなか教えてくれない、パソコン購入の注意点を購入者の目線で検証。
パソコンの購入を種類別に考える
家電量販店で売っているNECや富士通など日本製のパソコンを選択するだけではなく、アウトレットパソコン、BTOパソコン、ショップブランドのパソコン、などを種類別に特徴を検証。
パソコンを利用目的によって選ぶ
パソコンは利用目的によって、どこにお金をかけるかが決まります。価格の安いパソコンを買って、使ってみたら思ったことができないといったことの無いようにしましょう。
パソコンを使う場面によって選ぶ
パソコンは家や職場で使ったり、移動して使ったりと、人によってさまざまな使い方があります。使う場面別にパソコンの選び方を検証してみました。
パソコンが故障した時のことを考えて選ぶ
パソコンを買う前に、パソコンが故障した時のことを考えておく必要があります。パソコンが故障した時に、できるだけ安く修理費を抑えるために、パソコン購入時に考えておくべき注意点をまとめました。