デジタルビデオカメラを選ぶときの注目点とデジタルビデオカメラの基礎知識

後悔しない、納得のデジタルビデオカメラ選び

デジタルカメラでも動画が撮影できます。

デジタルビデオカメラでも静止画が撮影できます。

しかし、どちらを重視するかによって選択が違ってきます。



ここでは、デジタルビデオカメラの特徴を、デジタルカメラとの比較を交えて説明します。

デジタルビデオカメラの記憶メディア

デジタルビデオカメラで撮影した動画や静止画は、
本体に内蔵されているメモリや
交換ができるSDメモリカードなどの記憶メディアに保存させます。

数年前までは重たくて故障のリスクが高かった、
ハードディスクを内蔵するタイプのビデオカメラが主流だったが、
現在はメモリの大容量化によって、安価で大容量のメモリが使用できるようになったため、
ハードディスクを内蔵するタイプとメモリタイプの両方が、
それぞれの特徴を生かしたモデルとして発売されている。

メモリタイプは軽量、コンパクト化ができることをを生かして、
デジタルビデオカメラの高級機に多く採用されている。

また、ハードディスクタイプは大容量の動画を記録しておけるので、
長時間録画をうたったモデルとして存在している。

なお、ハードディスクは同じ容量のメモリに比べて、単位当たりの単価は安いが、
ハードディスクの欠点は衝撃に弱い、電力の消費量が多い、
撮影した動画を記録する時間がかかる、などがあげられる。

デジタルビデオカメラの記憶方式

デジタルビデオカメラの動画は、SONY,パナソニック、キヤノンなどが採用している、
「AVCHD」と呼ばれる記録方式が主流です。

「AVCHD」とは、SONYとパナソニックが提唱した動画記録方式で、
家庭用のデジタルビデオカメラで高画質の動画が、少ない記憶容量で保存でき、
簡単にテレビ画面で楽しむことができます。

また、静止画はデジタルカメラの主流となっている記録方式と同じ、
「JPEG」を採用しているものが主流です。

デジタルビデオカメラとデジタルカメラの違い

デジタルカメラでも動画は映せます。デジタルビデオカメラでも静止画は写せます。
しかし、デジタルカメラの動画機能は、最近のカメラではかなり高画質で撮影できますが、
大画面で再生した時の画質はビデオカメラには遠く及びません。
反面、デジタルビデオカメラの静止画は、デジタルカメラにはかないません。

このように、それぞれ一長一短があり、棲み分けされています。
動画と静止画、どちらを優先するかによって選択するか、
両方を手元に置いて使い分けるかということになります。

デジタルビデオカメラを選ぶときの注目点

1.画素数(ピクセル)
  画素数は、1コマの画像(1つのファイル)を構成している画素の数です。
  この数が多いほど、きめの細かい画像が撮影できるのですが、画像のきれいさは、
  画素数だけでは決まりません。

2.光学倍率
  デジタル倍率はいくら高倍率でも、画質が損なわれます。
  高倍率を望むなら、光学倍率に注目しましょう。

3.重さ
  持ち運ぶには重さも重要ですが、合わせて大きさと形状も確認しておきましょう。

4.テレビとの接続
  テレビとの接続を考えると、テレビとビデオカメラは同じメーカーのもので、
  あまり発売時期が離れていないものがおすすめです。
  さらに、ハードディスクレコーダーもメーカーを同じにしておくと便利です。

  この理由は、それぞれのメーカーの説明書のマッチングが良いのが最大の理由です。
  

デジタルビデオカメラの使い道

デジタルビデオカメラは、動画の撮影を目的にしています。
そして、テレビ画面で簡単に再生でき、
ハードディスクレコーダーに保存しておくこともできます。

使い道はいろいろあります。
子供の成長記録、旅行の思い出を撮影、結婚式やイベントの撮影などです。
私は、三脚にビデオカメラを固定して、ペットを長時間撮影しています。
飼い主のいないときの行動が記録できて楽しいです。

撮影した映像は、付属の動画編集ソフトなどを使ってパソコンで編集もできます。
編集した動画は、DVDに記録して配布すれば、
DVDプレイヤーなどを介して家庭のテレビ画面で見ることもできます。
この場合、「AVCHD」方式で編集すれば高画質で編集できますが、
「AVCHD」方式に対応した機器がなければ再生できないので、
配布先によって記録方式を選択する必要があります。

デジタルビデオカメラは、軽量、小型、高画質化が格段に進んできました。
旅行に出かけるときには、ぜひデジタルビデオカメラを持って、
動画で楽しい思い出を撮影してみてはいかがでしょうか。

おすすめのデジタルビデオカメラ

※ 私の使用しているデジタルビデオカメラは3年前に購入した、
  パナソニックの「HDC−TM350」で、64GBのメモリを内蔵していて、
  重さはバッテリー込みで450g。
  持ち運びもコンパクトで気にならない。

  静止画も1000万画素で撮影でき、光学12倍ズームは迫力満点の動画が撮影できる。
  テレビで撮影した動画が簡単に再生でき、
  大画面でも地デジ画質に引けを取らない映像で楽しめる。

  映像の保存はパソコンやハードディスクレコーダーに簡単に取り込むことができる。
  そこで、おすすめは、パナソニックの最近のモデル、X900M。

  購入は、ケーズデンキのWebショップ。
  ケーズデンキのWebショップは、ケーズデンキの実店舗よりかなり安く購入でき、
  延長保証もケーズデンキなので、
  故障した時のアフターサービスが近くのケーズデンキで対応してもらえるなど、
  利便性が良い。

  一般のネットショップで購入すると、故障した時には自分でメーカーと交渉し、
  商品を梱包して宅配で送るという面倒な作業が付きまとう。

  通常のネットショップだと、もう少し安いところがあるかもしれないが、
  送料も含めるとそれほど変わらないのでは。
  (ケーズデンキのWebショップはほとんどの商品が送料無料)

 パナソニック デジタルビデオカメラ  HC-X900M-K  ブラック
Web特価 75,800円 (税込・送料無料)
 【総評】
価格だけを見ると高額ですが、このデジタルビデオカメラは価格に見合ったおすすめポイントがたくさんあります。
まず、トリプルセンサー。高画質、高精細な画像の撮影ができる。
そして、光学倍率は12倍。高画質での倍率はフルHD画質で23倍。もちろん高度な手振れ補正機能付き。
静止画は621万画素。
64GBの内臓メモリで、バッテリーを含めた重さは490g。


 パナソニック デジタルビデオカメラ  HC-V300M-W  パールホワイト
Web特価 33,300円 (税込・送料無料)
 【総評】
この価格でこれだけの性能はお買い得。
光学倍率は、なんと38倍。
もちろん高度な手振れ補正機能付き。
静止画は621万画素。
32GBのメモリ内臓で、SDXCカードも使用できるので、
容量不足は感じられない。
バッテリーを含めた重さは241gと軽量。
基本性能に優れたおすすめの機種。

HC-V300M-A  ネイビーブルー  HC-V300M-P  コーラルピンク
 HC-V300M-C   ゴールドベージュ  


その他のデジタルビデオカメラ 
 SONY、日本ビクター、キヤノンなどのビデオカメラや、SONYの双眼鏡ビデオなど。双眼鏡ビデオは面白いです。

デジタルビデオカメラの選び方関連ページ

デジタルカメラを購入するときの注目ポイント
使い道に合ったデジタルカメラを購入するための注目ポイントをチェック。